《デリヘル攻略》情報サイトを信じ過ぎるのは駄目

インターネットの世界には、風俗店につきましての「情報サイト」がとっても多数存在しています。
これはデリヘル店も同じであり、比較サイトやランキングサイトなどがあります。デリヘルの情報サイトというのは、あくまでもデリヘル店やそのプロモーション会社によって運営されていることを忘れないでください。
デリヘル店にとって都合の良いことしか書かれていないこともあるので注意が必要です。
デリヘルの情報サイトにおきましては、お店の料金やシステム、さらには女の子を比較しながら探すことが出来ます。
このような情報サイトというのはデリヘル店を選ぶ時に非常に大切ですが、それを全て間に受けてはいけません。

 

デリヘルを利用したことのある男性の中には、法外な利用料金を請求されたなどの被害に遭った人もいることでしょう。
多くのデリヘルは完全合法で営業をしているので心配はありませんが、中には違法行為をしているデリヘルもあるので注意が必要です。

テレクラについてのサイト
http://3455.tv/
テレクラドットコム



《デリヘル攻略》情報サイトを信じ過ぎるのは駄目ブログ:20180415

ミーと祖母には、
遠い昔に因縁の対決がありました。

それは、
ミーが5歳になるかならないかの頃、
4歳上の姉貴と一緒に祖母の家にお泊りにいった時のこと…

ミーにとっては、
生まれて初めてのお泊りで、
ウキウキしながら行ったはずの祖母の家なのに、

夜になるにつれて、あたりは暗くなり
玄関に置いてあるお面が黒光りし、
だんだん怖くなって家に帰りたくなります。

とうとう、耐えられなくなったミーは、
「うえぇ〜ん、家に帰る、このうち怖ーい!」

こうなったら、居てもたってもいられません。
もちろん、そこにいる保護者である祖母は
出て行こうとするミーを必死に止めます。

しかし、その時のミーには、
「怖いところに押しとどめようとする鬼ばば」
にしか見えません。

大人になった今なら、止めて当たり前だと思うのですが、
出ていくことに必死のミーは、
とうとう暴言をクチにします。

「おばあちゃんなんか大嫌い!!」

ミーにそう言われて、本気を出す祖母、

「ミーも、あんたのこと好かんわね、あんたなんか泊りにこなくていい!」

ガーン、幼かったミーにはショックな一言でした。
結局、泊まらず
ママに迎えに来てもらって家路についたのでした。

それから20年以上、
ミーは祖母の家には行くけども
どこか近づきにくい存在になっていました。

おそらく、祖母に嫌いと言ったミーは
好かれるわけがないというのが
心のどこかにずっとあったようです。

それまでのミーは、
拒絶されることが怖くて、
祖母の顔をよく見ることができませんでした。

20数年間怖くて見ることが出来なかった祖母の顔は、
とっても愛おしい表情でした。

ミーは今までもったいなかったなと思いつつ、
勇気をもって顔をあげることができて
よかったなと思っています。